カタルーニャからダリ美術館へ

観光案内所から出た私たちは、ガイドブックに掲載されていたサルバドール・ダリの美術館に行きたいとの嫁さんからの要望により、バルセロナ・ダリ美術館を目指すことになりました。

ホテルを出た時から少し雨が降っていましたが、ここに来て急に本降り状態に。カタルーニャ駅からカテドラルへ行く途中にあるのですが、あまりに雨が凄いので、スペインが発祥の地というファストファッションのZARAへ飛び込みました。他の観光客もいっぱい入ってきたので店内は満員状態。嫁さんが店内をウロウロしていて良いカバンを見つけたらしく、早速購入。

ダリ美術館雨も少し弱まったこともあり、日本から持ってきた折りたたみ傘を出して再出発。

ここかなぁ?なんて感じでダリ美術館に到着。

さっき購入したバルセロナカードで入場できるか?聞いてみたら、バルセロナカードは使用できないとのこと。ということで、入り口で入場料10ユーロを支払い中へ。

入り口は小さいのですが、えっ?ここで10ユーロって感じでしたが、中に入ってびっくり。個人コレクションっぽく、ダリの作品の変遷を見ることができました。ダリの美術館はあまり人気がないのか、殆ど入場者が居ません。コレクションをずっとみていると、私たち以外にもう1組居るような気配がしていたのですが、最後の部屋ですれ違いあっ、日本人カップルみたいな感じでした。出口まで行ったのですが、嫁さんが「見たかった絵が無い!」と言い出し、ルートを逆行して見漏れが無いか再度確認。やっぱり無い。

ダリの絵どうやらダリが有名になった時計がグニャってなった絵らしい。出口でグッズとかを売っている学芸員さんが居たので、聞いてみるとその絵はアメリカに有りますって言われました。ちょっとがっかり。

ダリ美術館を出て雨もまだ降っていることだし、初日ということもあるので、カジノへ行ってちょっと遊んでホテルに戻ろうという話になり、カジノのある最寄駅の「Ciutadella Vila Olimpica」に行くためには、地下鉄4号線に乗る必要があるので、ダリ美術館から近い4号線の「Jaume I」駅へ移動しカジノの最寄駅へ移動しました。

カジノではパスポートを提示し入場します。平日の夜ということもあり、そんなに混雑していませんでした。ルーレットがたまたま2席隣どおしで空いていたので、2人で少し勝負。嫁さんはルーレット初体験とのことで、簡単なかけ方を教え楽しみました。結果、嫁さんはZARAで買ったカバン代ぐらい儲かり、私はその額ぐらい負け。

時間も21時を過ぎていたので、夕食どうする?ってことで、カジノの中にあるレストランっぽいところで食事することになりました。

続く

コメントを残す