ヘルシンキ市内の写真

写真集にヘルシンキの写真を掲載するの忘れていました。すみません。
フィンランドの首都ヘルシンキ市内の写真です。
サンタクロースエクスプレス、郵便博物館、キアズマのカフェ、マーケット広場、ウスペンスキ寺院、ヘルシンキ大聖堂など冬のヘルシンキをどうぞ。

ヘルシンキから帰国の途へ

ヘルシンキでロヴァニエミ行きの搭乗の際にも名前を呼ばれ、帰りの日本便でも名前を呼ばれ…。時間には余裕があったはずなのに…。
搭乗後、荷物を入れ着席して数分後に飛行機は日本へ向け動き出しました。

座席は後方窓側2人席。

暫くすると待ちに待った機内食。
「Fish or Beef ?」前方から順番にサーブされていく。
気分は完全にBeef。

以前、どこの航空会社か忘れましたが、Fish Fish FishとBeefが無くなって選択権が無かったことがあったので、心配しておりましたが、BeefをGetできました。ヘルシンキ発のFinnairなので最後のフィンランド食と思ってたら、茶そばが…

まっ そんなもんか。

食後のコーヒーを飲みながら、嫁さんとお土産の話をしてて二人して青ざめました。

続けて読んでいただいている方はピンと来たかもしれませんが、最後にヘルシンキのスーパーで買おうと行っていた「ムーミンのガム」これを買い忘れていたことに気づいたのです。というか、スーパーすら行っていない。どう考えてもお土産の数が足りない…
今さら何も出来ないので、日本に戻ってから考えようということに。

 そうこうしている間に、飛行機は中国上空へ。

もうすぐ日本。

Finnairは、エコノミークラスでも全席モニター付き。

しかも席も比較的ゆったりしています。

 フィンランドへ行く時はモニターの調子が悪かったらしく、上空へ上がってからシステムを再起動してました。その時気づいたのですが、このシステム、実はLinuxだったのです。Linuxとはスウェーデン系フィンランド人のリーナス・トーバルズ氏が開発したオペレーションシステム。なんだか、フィンランドを近く感じました。

しばらくすると関空へ到着。
長かったようで短かった新婚旅行から日本へ戻って参りました。

はぁ、お土産どうしよ。

続きは次回