ラストオーロラチャンス

フィンランドサウナに入った後ということもあり、湯冷めを心配していましたが、ロバニエミ最終夜でラストオーロラチャンスということで、テンションが上がりまくり。心配不要でした。

モイモイ号で観測地点へ移動。3回目ということで、ガイドさんの説明を覚えてしまうほど(笑)

今回も過去2回と同じ牧場。

天体観測晴天

オーロラの兆候を待つため、小屋と観測地点を何度も往復。

今回も見たい

星が凄くたくさん。日本では見たことの無い数で天体観測してみました。シャッタースピードは早め。

撮った写真を液晶で確認してみると、なんか下の方が緑がかっている。
ん?オーロラの兆候?

オーロラ写真肉眼では何となく白っぽくかすんでいるように見える。
カメラのISO感度を上げ、ちょっと長めにシャッター開放。

カメラには写ってました

一番上の写真みたいに、ほんとは真っ暗なんですよ。

オーロラ写真下の方が緑っぽく、上の方が赤っぽい。オーロラです。

カーテンのようなオーロラは1回目しか見えませんでしたが、カメラに収めることができ、ちょっと満足。

カメラの感度って凄いですね。

オーロラが見えないと思って記念撮影する人が何人か居て、フラッシュを光らせながら写真を撮ってる人が数人。フラッシュの明かりで写真がパーになる可能性も あるので、これからオーロラ撮影に行かれる方は、周りにも気配りを。

いい思い出になりました。またチャンスが有れば、オーロラを見に行きたいです。2011-2012年は11年に1度のオーロラチャンス

旅行会社もツアーに力を入れているみたいなので、行けそうな人は是非!!

オーロラチャンス 第2回目

Ounasvaaraでスノーボードを満喫。レストランでタクシーを呼んでもらい、ホテルへ戻りました。

ホテルロビーにはモイモイ号運行の掲示
前日、「モイモイ号オーロラ観測バスツアー」に参加し、オーロラを見れたこともあり、もう1度見てちゃんと写真を撮りたいという思いから、 現地事務所に申し込みにいきました。二人で150ユーロなり。

モイモイ号モイモイ号の写真です。モイモイ号は日本では運行出来ないサイズの大きなバスとのこと。50人は乗れるサイズかな?

今回の行き先も前日と同じところとのこと。

観測地点に近づくにつれ、雪が…

モイモイ号の運行は天候で決めているということだったので、オーロラが見れる可能性が高かったはずなのに…

小屋の中(暖炉)

とりあえず、雪が止んで、オーロラが出るのを待つため、小屋で暖をとりました。

中では牧場のオーナー夫妻がソーセージ、クレープ等を用意してくれ、暖かい飲み物を飲みながら待ってました。

雪が止んだので、何度か外に出ては空を見上げオーロラの兆候を探すのを繰り返しました。

トナカイトナカイ牧場ということで、小屋と観測地点との間にある柵の中にいるトナカイを撮影してみました。

昔はトナカイでソリをひいて荷物を運搬したりしていたそうですが、今はスノーモービルや車が役割を引き継ぎ、トナカイはソリツアーなどに使われるだけになっているそうです。

結局、タイムオーバーでオーロラを見ることが出来ませんでした。
残念。

オーロラはそう簡単には見れないものだとつくづく思いました。
前日はラッキーだったのだと…