上海のローカル飯

日本から色々とやりとりしていたA氏が付き合ってくれて、夕食を食べに行くことになりました。A氏より「日本から来た人達が食べに行く日本人の口に合った料理が良い?それともローカルの人達が食べに行く店が良い?」と問いかけられたので、迷わずローカルの人達が食べに行く店!と答えてしまいました。せっかく上海に来て居るのに、日本料理の店に行っても仕方ないでしょ。

上海のローカル飯ということで、事務所から宿泊するホテルまでの道中にあるお店を探すことになりました。

現地のチエーン店らしい店に入り、A氏が適当にオーダー。A氏は上海駐在2年目と簡単な会話はできるものの、料理の名前までは…。と思っていたものと違うものが来たみたいですが、それはそれでOK。

小籠包も美味しかったし、とにかく安い。

大満足の夕食でした。

その後は、事務所の人達がよく飲みに行くスナックへ。日本人相手ということもあり、かなり日本語が達者な人ばかりでした。

上海へ出張

専用線の開通に合わせて、上海の事務所を見て来いとのことで上海へ出張してまいりました。関西国際空港から上海浦東国際空港までは2時間ほど。飛行機が離陸して、機内食が出てきて食べ終わったら到着ぐらいの感じ。こんなに近かったんやって思いました。

リニアモーターカー他の部署の人たちが出張する際には、タクシーで移動するって聞いていましたけど、僕一人だし、海外旅行慣れて居るしということで、上海浦東国際空港から市内へはリニアモーターカを利用。大昔、子供の頃につくば国際科学博覧会で乗ったHSSTに乗って以来。

最高速度は431km/hとのこと。

楽しみにしていましたが、300km/hでピタッと止まり、それ以上速度が上がることはありませんでした。

どうやら、最高速度431km/hは日に何本かしかないらしい。龍陽路駅で地下鉄に乗り換えて事務所のある世紀大道を目指しました。

リニアモーターカーの改札でも荷物のX線検査が有ったのですが、地下鉄でもカバン類はX線検査があります。驚きです。

目的の世紀大道は2号線に乗り換えて3駅とあっという間でした。