ヘルシンキから帰国の途へ

ヘルシンキでロヴァニエミ行きの搭乗の際にも名前を呼ばれ、帰りの日本便でも名前を呼ばれ…。時間には余裕があったはずなのに…。
搭乗後、荷物を入れ着席して数分後に飛行機は日本へ向け動き出しました。

座席は後方窓側2人席。

beef暫くすると待ちに待った機内食。
「Fish or Beef ?」前方から順番にサーブされていく。
気分は完全にBeef。

以前、どこの航空会社か忘れましたが、Fish Fish FishとBeefが無くなって選択権が無かったことがあったので、心配しておりましたが、BeefをGetできました。ヘルシンキ発のFinnairなので最後のフィンランド食と思ってたら、茶そばが…

まっ そんなもんか。

食後のコーヒーを飲みながら、嫁さんとお土産の話をしてて二人して青ざめました。

続けて読んでいただいている方はピンと来たかもしれませんが、最後にヘルシンキのスーパーで買おうと行っていた「ムーミンのガム」これを買い忘れていたことに気づいたのです。というか、スーパーすら行っていない。どう考えてもお土産の数が足りない…
今さら何も出来ないので、日本に戻ってから考えようということに。

map そうこうしている間に、飛行機は中国上空へ。

もうすぐ日本。

Finnairは、エコノミークラスでも全席モニター付き。

しかも席も比較的ゆったりしています。

 フィンランドへ行く時はモニターの調子が悪かったらしく、上空へ上がってからシステムを再起動してました。その時気づいたのですが、このシステム、実はLinuxだったのです。Linuxとはスウェーデン系フィンランド人のリーナス・トーバルズ氏が開発したオペレーションシステム。なんだか、フィンランドを近く感じました。

しばらくすると関空へ到着。
長かったようで短かった新婚旅行から日本へ戻って参りました。

はぁ、お土産どうしよ。

続きは次回

ヘルシンキヴァンター空港で出国手続き

パスポートコントロールを通過していないことに気づき、免税店でのお買い物を途中で切り上げ、先へ進む。

嫌な予感は的中。
パスポートコントロールは長蛇の列でした。原因は出発時刻。
大阪行きの出発時刻は、成田(日本)、インチョン(韓国)と似通った時刻。

審査官は3人。と思いきや、途中から2人に。

フィンランドはEU加盟国ということもあり、手荷物検査場を出ると国際線ではあるものの国内線的な感覚で他のEU諸国へ行くことができます。つまり、EU加盟国以外への渡航は出国審査が必要ということ。ヘルシンキヴァンター空港の出国審査場は端っこ。私たちも出国審査を終えてから買い物をするべきだったと後悔しました。

私たちが出国審査を待つている近くに、大阪便に搭乗するツアーの添乗員さんも居たので、私たちだけ取り残されることはないなぁと少し安心。

出国審査に要した時間は1時間弱だったと思います。
私の番が来て、パスポートを出すと、ポンポンとハンコをついてくれものの数秒で終了。長時間待たされたのに数秒って。「おい」ってつっこみそうになりました。

嫁さんの出国審査が終わり、時計を見ると飛行機の出発時刻まで残り5分。
ちょうどそのころ放送でお名前を呼ばれました。(恥ずかしい)

そんなわけで、免税店は素通りでダッシュ。飛行機に乗り込み荷物を上にあげて数分後、飛行機は日本に向け動き出しました。

フィンランドヴァンター空港を利用してEU圏へ旅行される方は、くれぐれもご注意ください。

つづく