バルセロナから空路でドバイへ

ツアーの良さ?ホテルから空港までの送迎が付いてます。ドライバーさんが英語を話す方だったので、バルセロナのどこに行っただとか、美味しかったなど話してたら、あっという間にバルセロナ空港へ到着しました。13%の付加価値税の免税手続きのため、税関でスタンプをもらう列に。めっちゃ並んでますやん。しかも、日本人ではないアジアの人。しかも大量の免税品。手続きが終わるまでに40〜50分。空港のカフェでゆっくりする予定が、殆ど時間が無かったので、とりあえずマクドナルドで空腹を満たし、お土産を見ることもなく出発口へ。

機内食EU以外のエリアに向かう航空機が多いのか、パスポートコントロールが長蛇の列。周りにも同じ飛行機に乗る人達がいたので、少し安心。出国手続きが終わった頃には、搭乗手続きが始まっており、何も見ることができませんでした。

と言うことで、ドバイへ向けて出発。

エミレーツの機内食は美味しいです。バルセロナ発なので、最後のヨーロッパ食を味わいました。機内ではまたビデオ見放題。

飛行ルート夕方出発の便だったので、あっという間に夜中になります。各個人のモニターで飛行ルートが見れるので、安心感がありますよね。帰りの便はサウジアラビア上空を飛ぶルートのようです。

Buboでマカロンチョイス

Buboサン・ジュセップ市場を後に、カテドラル方向へ歩き、ボルン地区にあるBuboを目指します。Buboはサンタ・マリア・デル・マル教会の目の前。

地下鉄で移動するには大変。大阪で言う所の四ツ橋線と御堂筋線みたいな感じで、平行に電車が走っているため、歩いた方が早いかな?と思い、地図を片手にBuboを目指しました。

やっとの思いでBuboに到着。

ここから嫁さんのテンションMAX。マカロンめちゃめちゃ種類あるやん。と言うことで「これも美味しそう、いや、こっちかな?」と迷い始め、10個1パック選ぶのに何分かかるのかな?っってぐらい迷ってました。

僕が飽きてしまい、外で待つことに。

マカロン待つこと20分。なかなか出てこないので、そろそろホテルに戻らないと間に合わないと伝え、ようやく決め始めました。

日本に戻ってから少し食べさせてくれましたが、確かに美味しかったです。(高いだけはある)

最後の買い物も終わり、ホテルへ戻りました。
ホテルの前には送迎のドライバーが既に到着しており、慌てて荷物を受け取り、空港へ向かいました。