どうしても食べたくなって…

昨日のテレビ(ABC放送 LIFE〜夢のかたち〜)で、静岡の美味しい食材で作るパンケーキとかき氷!のお店「雪ノ下」を見て、スイカのかき氷が食べたくなってしまい、嫁さんと梅田にある雪ノ下工房/太融寺へ行ってきました。

今日は朝から大雨。雨が上がった15時頃からお出かけ。ちょっと用事の後駅へ。時間は15:30。駅の電光掲示板は13:01発の掲示。まてども電車はやってきません。駅員に確認すると、当分電車は来ないみたい。ということで家にバイクを取りに戻り、梅田へ。

2号線の新福島駅を超えた辺りで、マンゴーかき氷の店を発見。噂では聞いていたので、今度来ようという話に。

で、雪ノ下工房に到着すると既に凄い行列。
一番後ろに行くと、「本日の受付は終了しました」との掲示。

仕方ないので、雪ノ下本店を見てみることに。
両店とも凄いところにありますね(工房は風俗無料案内所の横、本店は細い路地を入った更に奥)

ピンピンホワお口はかき氷モード。

急遽、途中に発見した新福島にあるマンゴーかき氷のお店「ピンピンホワ」へ行き先を変更しました。

僕は超級マンゴーピン(900円)マンゴー増量・マンゴーアイス・マンゴーゼリー・タピオカ。

嫁さんはマンゴーピン(600円)にタピオカをプラス(100円)。

店内にも若干のイートスペースは有りますが、そんなに座れません。道路で食べました。

マンゴーピンじゃーん。

美味しそうでしょ。

マンゴーピンは勿論、タピオカも美味しかったです。

先に新福島のかき氷を味わいましたが、本題の雪ノ下工房をリベンジしなければ。

来週かな?

鍵となる特性

バイクのエンジンも動きだし、少し乗り出したのですが、雨の日の後、バイク置き場で油漏れの形跡を発見。水たまりが少し虹色ににじんでいる。
しかも前輪付近。よく見てみるとフロントフォークから微かに油が出ているのを確認。

そういえば、ISO14001規格の要求事項「4.5,1 監視及び測定」で、
「組織は、著しい環境影響を与える可能性のある運用のかぎ(鍵)となる特性を定常的に監視及び測定するための手順を確立し、実施し、維持すること…」ってあったなぁ。コンサルの先生が「フォークリフト等の油漏れは、雨の日の後に発見し易い」って言ってました。
今回のタイトルは、そんな訳でISOから引用しました(笑)

そう、私、ISO14001の事務局を7年。事務局長を3年経験(部署異動で離れましたが)しておりまして…

フォーク油漏れそんなことはさておき、フロントフォークの修理をせねば。
マグナって左側のオイルシールを留めているリングが錆びませんか?

過去に1度オイルシールを交換したことが有ったので、今回も自分で直そうと決意。パーツリストで部品を発注。
①シールセット,フロントフォーク 51490-MN8-305 2個
②リング,オイルシールストッパー 51447-KA4-711 2個

簡単な交換方法をネットで検索することに。イチローさんの「我が道楽人生に悔い無し」ブログでマグナのフロントフォークオーバーホールについて分かり易く書かれていたので、実践してみました。 

作業工程は次回。
キャブレターから始まりどんどんハマってます(笑)