バイク修理でエンジンはかかったものの…

とりあえずキャブレターの清掃でエンジンはブルルルルっとかかった。
自動車税は毎年支払っていたので、ナンバープレートはあるものの、自賠責保険が切れている。エンジンがかかったので、周辺を走ってみたくなったので慌ててコンビニへ。250ccまでのバイクは、コンビニで自賠責保険に加入できるのです。

コンビニで自賠責保険の契約を済ませ、ステッカーを貰って早速バイクに貼り、バイクに試乗。

1速にギアを入れ、半クラ発信。

あれ?トルクが無い。
何か片排っぽいなぁ?と思いながら自宅周辺をぐるっと一周。
自宅に戻り、エンジンを触ってみると、後方エンジンが冷たい。

こらアカン。ってな訳で、せっかく組んだパーツをバラし、キャブレターの再清掃。1回目で外せなかったフロートバルブの金具(エアーは吹いたはず)を外してみると…。フィルターの目詰まり。

フロートバルブフロートバルブも固着していたから、一式交換することに。

V-TWIN Magna250のパーツリストによると

部品名:バルブセット,フロート
部品番号:16011-MAW-600

どうやら品番が変わったみたい。16011-MY8-000になってました。せっかくなので両方のキャブレター分をお取り寄せ。汎用品かどうか迷ったけど、キャブレターまでバラす回数は少なそうなので、ホンダ純正を購入しました。

ついでに、ガソリンタンクからキャブレーターに繋がるフューエルホースも劣化していたので交換。丁度の太さがなかったので、下記のホースをチョイス。ちょっと緩めだけど、付属のクリップで問題なく使用できています。

フロートバルブの交換と再度、穴という穴にエアーを吹いたことで、詰まりは解消。エンジンに組み付け、バラした部品を再度組立て。

見違えるようにトルクが出ました(笑)

ただ、同調が狂っているような気が。
また今度なおそっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA