10年間寝させたバイクの修理

駅から近いこともあり、それほど足に困っていた訳ではないのですが、バイクが有ったら便利やなぁと言うことで、実家のガレージで10年間寝させていたバイク(Honda V-Twin Magna 250)を復活させることにしました。

バイク屋さんに修理を頼むと、多額の修理代を請求されそうなので、自分で直すことにしました。

想定される修理個所
 ①キャブレター清掃
 ②バッテリー交換
 ③各種オイル交換

バイクを買った当初にパーツリストは購入していたので、パーツリストと睨めっこしてバラす順番を考えます。

キャブレター内部の写真シート⇒スピードメーター⇒ガソリンタンク⇒エアクリーナー…と順番に外して行くとキャブレターが見えてきます。写真を撮り忘れていたので、キャブレターをばらしたところから。

あ〜。ガソリンが腐って緑色の藻みたいになってる(笑)。

ジェット類も目詰まり。

あららら。

ということで、順番に清掃することに。っとその前に外した蓋の写真を。どうぞ。
ガソリンって腐るとこうなっちゃいます。この堆積物はなんじゃ?

フロートチャンバーキャブクリーナーで清掃。ジェット類は外して一昼夜キャブクリーナーにつけ込みます。くすんだ10円玉みたいな色だったのに、金ぴかになりました。

後は、ジェット類の目が詰っていないかを確認。

穴という穴にエアーを吹いて詰まりがないことを確認して組み込んで行きます。フロートバルブが固着気味やなぁと思いながら組み込み。

Magnaのジェットは前と後ろとで穴の数が違うので、組み込み時に間違わないようにします。穴が多い方が後ろ。

外した逆の順番でくみ上げて行く。何とか原形に戻る。

新しいバッテリーに入れ替えて、スイッチオン。
セルモーターを回す。
キュルキュル。キュルキュル。

あかんかなぁって思った矢先、ブルルン。エンジンがかかりました。

続きは次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA