ロバニエミのオプショナルツアー その2

犬ぞりの写真ロバニエミ市内からスノーモービルで1時間あまり。 ドッグパークへ到着です。

ここでは写真のような犬ぞりに乗ることが出来ます。

2人で1週。

嫁さんが乗りたいと言っていたこともあり、嫁さんが舵取り、僕は荷物台へ。
(他の外国人カップルは男の人が舵取りしてました)
僕らの順番になったとき、僕が荷物台に行くと、笑いが…

犬10頭ぐらいで引いてくれます。

1週400メートルくらい。200メートルを超えたあたりで、一番後ろの犬が疲れたのか、足を痛めたのか?変な走りに。

しばらくすると、???お尻からポロポロと固まりが。しかも走りながら。

荷台に居る私は、もう少しでウ○コまみれになるところでした(笑)

犬ぞりを引く犬の子供全組が終わると、小屋へ移動。暖かい飲み物をを飲みながら、フィンランドの犬ぞりについての説明を聞く。

なかなか分かりやすい英語だったので、ある程度は理解出来たような出来なかったような。
その後、犬ぞりを引く犬たちがつながれているエリアへ。写真は子犬(1歳くらいかな)です。先頭を引く犬はちょっと待遇が違ったように感じました。どの犬も賢そうでした。

 

 

スノーモービルドックパークからロバニエミ市内へ戻るのも、当然スノーモービル。

嫁さんに運転してみる?って聞くと。「うん」と。

バイクとか原チャリも乗ったことない嫁さんなんで、怖がって直ぐに交代すると思ってました。
 スピードをグイグイ上げて、前の人から離れないようについていきます。ワザと?って思うぐらい飛び跳ねる所を走行。3回くらい宙に浮きそうになりました。
 途中休憩で、「まだ運転大丈夫?」って聞いてみると「めっちゃ楽しい」との一言。ツアーに行く前は「え〜スノーモービル、楽しいの?」って言っていた人がえらい違いです。
 川の上を走行中、氷上で釣り(ワカサギ釣りみたいな感じ)をしている人なんかを見かけました。そうこうしているうちに、ゴール地点へ到着。

一緒にツアーの行ったスペイン人夫妻、オーストリア人男性と子供と写真を撮ってお別れしました。

犬ぞりもスノーモービルも思っていたより楽しかったです。オススメのオプショナルツアーかも。

次回、ロバニエミ最終夜「オーロラは見れたのか?」の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA