ラッフルズホテルでシンガポールスリングを味わう

Raffles_hotelシンガポールに行くのであれば、シンガポール発祥のシンガポールスリング(カクテル)を飲んでみよう。

日本からシンガポールへの飛行中、シンガポール航空で行ったということもあり、ドリンクメニューでシンガポールスリングを注文。
飲んでみると、ん?微妙。

ということで、発祥の地であるラッフルズホテルへ行って参りました。

Long_Barラッフルズホテルは1887年開業。歴史はWiki先生をご参照ください。

シンガポール・スリングが飲めるのは、ラッフルズホテルにあるLONG BARというバーです。

LONG BARは、ラッフルズホテルの2階にあります。

1階に左の看板があるので、上がって行けば分かります。

LONG BARが2階に有ると知らなかったので、ラッフルズホテルの1階を散策したのですが、開放感があり過ぎてちょっとビックリしました。

Long_Bar_menuLONG BARのメニューです。シンガポールスリリングは左手に載っています。

お値段は高め。26シンガポールドル。これに税金とサービス料が加算されるので、30ドルは軽く超えます。

LONG BARの特徴は、シンガポールスリングと落花生。テーブルには落花生が置いてあり、自由に食べることが出来ます。

一番ビックリしたのが、落花生の皮の処理方法。

SingaporeSling皮を剥いて、中身はお口へ運ぶのですが、殻はというと、床へポイってな感じ。

LONG BARの床は落花生の殻でいっぱいでした。なかなか味わうことの出来ない体験なので、アルコールが飲める年齢の方へはオススメします。

味はというと、飛行機で飲んだシンガポールスリングとは比べ物にならない美味しさです。やっぱり発祥の地が最高ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA