拍子抜け

前回、「ロバニエミでスノーボード」というのを書きましたが、ここに至るまでには少しエピソードが…。

フィンランド旅行を控えていたので、日本でのスノーボードは自粛しておりました(金銭面で)。今年初ボードということもあり、ウキウキ、ワクワク心を躍らせ、ホテルを出発。ホテル前にタクシーが居なかったので、マクドナルド前のタクシー乗場まで歩き(5分ぐらい)タクシーに乗車。

オーナスバーラスキー場までと行き先を告げ、乗ること7分。
スキー場に到着です。

ゲレンデに人っ子一人居ません。レンタルもレストランも閉まってます。
営業時間は事前にホテルに有ったパンフレットで確認済み。なんで?
頭の中は?でいっぱい。

しばらくすると雪上車でゲレンデ整備していた人が近づいてきて、「今日の営業は昼13時からだよ」だって。

時刻は10時過ぎ。3時間も何するの?

仕方ないので、近くのサンタクロース村へ出向きました。
地理的には、ロバニエミ市内−スキー場−サンタクロース村とちょうど中間の位置ぐらい。

marimekkoアウトレットサンタクロース村のお目当てはmarimekkoアウトレット。

先日、ガイドさんと来ているときに下見していたお店です。
Bグレードも免税で購入できるということも有り、重たいの覚悟で、端切れを2種類購入。安いもの(染めむら等の商品)だと5メートルくらいで10ユーロくらいでした。

 

 

 

 

サンタになりきりサンタクロースとの再会はしませんでしたが、サンタクロース村を十分に満喫し、お昼を過ぎたので、本日の目的であるスノーボードをしにオーナスバーラスキー場に向かいました。

サンタクロース村のような観光地でも、タクシーは客待ちしていません。Informationにてタクシーを呼んでもらうしか移動の方法はありません。タクシーを呼んでもらうのに2ユーロ必要でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA