老舗のラップランド料理

フィンランド最終夜。
最後の夜はフィンランド料理を食べたい。そんな思いから、ガイドブック(るるぶ北欧)でお店探し。サーモン、フィンランドチキン、ミートボール、トナカイ肉…。

隣国スウェ ーデンのミートボールは近くのIKEAでも購入出来るし、サーモンもたくさん食べたよなぁ。と、話していたらトナカイを食べてみたくなり、ラップランド料理を食べに行くこととなりました。

ムーミンショップから歩くこと6〜7分。
「ラッピ」という老舗のラップランド料理店。

「ラッピ」というお店は、ビジネスの接待や観光客に大人気とのこと。夜や予約して訪れたい。ってガイドブックに書いてあった。気づいたのは店の前に到着した時(笑)

だめもとで、2人いけるか聞いてみた。
オーケーでした。日本語メニューもありますが、日本語は通じません。

パンログハウスを想像させる内装。
山小屋って感じです。

前菜の盛り合わせと、メインとしてトナカイ肉のステーキを注文。
待つこと10分くらい。

まずはパンの登場。
世界最北端のマクドナルドで食べたライ麦パンもありました。

パンも美味しい。

トナカイ肉続いて前菜の盛り合わせの登場。

キノコのサラダ(森のキノコをサワークリムで和えたもの)、塩漬けトナカイのスライス、トナカイのジャーキーなどなど。盛りだくさん。

キノコのサラダをパンに塗って食べたら、凄く美味しかったです。

ハマったのは、トナカイのジャーキー。癖も無く、間違いなくお酒のあてになります。かなりの量でしたが、完食。噛めば噛むほど味がでます。機会が有れば、お試しください。

メインデッシュは、トナカイのサーロインステーキを注文。

トナカイ肉を食べるのは、今回が初めて。しかもレアで注文。

トナカイのサーロインステーキ癖があるのかなぁ?って思ってましたが、柔らかくて臭みもなくて、凄く美味しかったです。

お値段は安くなかったと思いますが、ヘルシンキに行く機会がある人は、訪れてみてください。オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA