ヘルシンキでの朝食

パン

フィンランド最終日。
朝からモリモリ食べて元気出して観光に出かけよう。
ということで、朝食を一部紹介。

フィンランドのホテルは、朝食付きというのが普通みたいです。朝食はロヴァニエミと同じくバイキング形式。

まずは、パンをチョイス。

こんな感じで自分の食べれる分だけを切って持って行きます。

いろんな種類があって、焼いたりも出来ます。

チーズつづいて、チーズとハムコーナー。凄く豊富に感じました。全部食べてみたいけど…。

もちろんサラダコーナー、サーモンもありましたよ。

デザートコーナーはこんな感じ。

量も豊富で美味しかったです。

席に座ると飲み物をサーブしてくれます。

 

デザート日本人にとってありがたいのは、フィンランドには基本的にチップの習慣がないこと。 北欧でも国によって少しずつ違うみたいです。チップも積もり積もれば結構な金額になりますから…

ヘルシンキでもロヴァニエミに続き、朝からガッツリ食べました。

僕の量も多いと思いますが、嫁さんも…

ごちそうさまでした。

完食。

朝食セット部屋に戻り、荷物を整理。
チェックアウトを済ませ、荷物を預けようとすると、どうやらバゲッジルームではなく、フロントで預かってくれる様子。
スーツケース2つ、バック1つ、アウトレットで買った食器を詰め込んだ袋。合計4つ。

私達は身軽でヘルシンキの街へ飛び出して行きました。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA