サンタクロースエクスプレス

♪フィンランドの車窓から♪

富士通

の提供でお送りします(笑)

ヘルシンキ行きの表示ロヴァニエミ発フィンランド行「サンタクロースエクスプレス」です。

私達の乗った車両は61号車。

「サンタクロース」が名前に入ってる電車。ワクワクします。

 

 

電車内の通路階段を上って、ドアを開けると通路があります。

これで自分たちの部屋(コンパートメント)を探します。

最初はドアは開いている状態。

鍵はカードキーで、部屋の中に有ります。確か3枚。

オートロックなので、ドアロックに注意してくださいね。

ベッドはどんな感じかというと、

 

 

寝台列車のベッドこんな感じ。

この部屋は私達2人だけでの使用だったので、上下のベッドはそこそこ空間が有ったように感じました。

3人だったら、ちょっと厳しいかも。

部屋の右側には折りたたみ式(?)の洗面台があり、歯磨きなどは出来ます。

スーツケースを2つ置くと結構せまい。そんな感じです。

トイレは部屋内にはありません。各車両についていたと思います。

そうこうしていると、出発進行!

ロヴァニエミありがとう。さようなら。

あれ?サンタクロースは?
思い出してしまいました。列車の名前は通称「サンタクロースエクスプレス」ということで、サンタを求め、ご飯を求め、列車内の探索開始。

 次回は車内探索・食堂車を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA