さくらVPS初期設定 その5(php編)

phpの設定

新しく契約したさくらVPS(バーチャル・プライベート・サーバー)の初期設定を備忘録として記載します。Macから接続しているので、Macユーザーの参考になればと。
今回は「phpの設定」です。

5−1. phpのインストール

 Wordpressを使用したいのでphpをインストールします。RPMパッケージ管理コマンド「yum」が可能なので利用します。phpと共にphpを拡張するモジュールも同時にインストールします。

[[email protected] ~]$ sudo yum install php php-mbstring php-mysql php-gd
[sudo] password for newuser: 
…
Is this ok [y/N]:
…
Complete!

 Complete!と表示されればインストールは完了となります。

5−2. 設定ファイルのバックアップ

 php.iniファイルを変更します。まずはオリジナルのphp.iniファイルを残すためにファイルをphp.ini.orgという名でコピーします。

[[email protected] ~]$ sudo cp /etc/php.ini /etc/php.ini.org

 

5−3. php.iniの変更

 phpのエラーログ、言語設定等を変更するためにviエディタでphp.iniファイルを開きます。

[[email protected] ~]$ sudo vi /etc/php.ini
[sudo] password for newuser:

セキュリティの面からバージョン情報等は伏せたい部分なので、432行目のexpose_phpを変更します。

;expose_php = On
expose_php = Off(;を削除し変更)

 phpのエラーログを排出するように設定し、排出先を/var/log以下に書き出されるように設定します。634行目のerror_logを変更します。

;error_log = php_errors.log
error_log = /var/log/php_errors.log

 マルチバイト文字列関数(mbstring)の言語設定を日本語とします。1542行目のmbstring.languageを変更します。

;mbstring.language = Japanese
mbstring.language = Japanese(;を削除します)

 変換元の文字コードが指定されなかった場合、ここで指定した文字コードが使用されます。基本の文字コードとしてUTF-8を指定します。1548行目のmbstring.internal_encodingを変更します。

;mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.internal_encoding = UTF-8(;を削除UTF-8に変更)

 文字コードの自動判別を行う時にどの文字コードから順に確認していくのかを指定します。1570行目のmbstring.detect_orderを変更します。

;mbstring.detect_order = auto
mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII(;を削除し変更)

 以上でphpの設定は終了です。「:wq」で上書き終了します。上書き後、設定を反映させるためhttpdを再起動します。

[[email protected] ~]$ sudo service httpd restart
[sudo] password for newuser: 
httpd を停止中:              [  OK  ]
httpd を起動中:              [  OK  ]

 

次はmysqlのインストールを行います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA